2017年2月21日火曜日

千葉県青少年協会様、ヤングフェスティバルで緑の募金

公益財団法人千葉県青少年協会様が29年2月19日(日)に県青少年女性会館(千葉市稲毛区)で実施された「第12回ヤングフェスティバル」会場内において、緑の募金ブースを設置し、会場に集まった次代を担う若人に緑の重要性と緑の募金を呼びかけて下さりました。

緑の募金の機会をこのような形で広めていただいたことに、事務局として誠に嬉しく、お礼申し上げます。



2017年2月20日月曜日

29年度事業計画、予算等が決定

29年2月20日(月)に平成28年度 千葉県緑化推進委員会 第5回理事会を開催し、29年度事業計画、予算等が決定いたしました。

2017年2月16日木曜日

全労済協力による「学校環境教育向上のための緑化事業」(白潟小)



全労済様から緑の募金へ使途限定寄付の協力を得て、「震災地域の学校環境教育向上のための緑化事業」を当県の白子町立白潟小学校において実施。当該事業は全労済様の意向により、震災地域で、かつ日ごろから緑の少年団活動により緑化活動に取り組まれている学校を支援したいというもの。
九十九里海岸沿いは津波被害が甚大で、海岸の保安林も大きなダメージを受けました。防風機能低下の影響か、白潟小学校の樹木が風倒するなどしていることから、このたびソメイヨシノ9本を植樹しました。29年2月15日(水)実施の完成式典では全労済の方々はじめ、林町長、6年生ほかが卒業記念を兼ねた記念植樹を行いました。また、緑の少年団ユニフォームが併せて寄贈されました。



2017年2月14日火曜日

緑の募金震災復興事業「旭復興事業2016」

緑の募金 東日本震災復興事業として、29年2月14日(火)に旭市井戸野海岸において、「旭復興事業2016(海岸林の植樹)が行われました。植樹に参加したのは富浦小の生徒たち。暮らしの安全を支える保安林に自らの手でクロマツの苗木を植栽しました。
この保安林も小学生の皆さんと同じように立派に育って欲しいですね。

2017年2月13日月曜日

緑の募金 運営協議会の開催

29年2月13日(月)、緑の募金運営協議会(第三者諮問機関)を実施し、29年度緑の募金に係わる目標額、事業計画ほかが協議されました。

2017年2月10日金曜日

学校林を活用した環境学習の実施

5年に一度の全国学校林現況調査が28年度中に行われました。そんなことから3月末に発行予定の当緑化推進委員会の広報誌「グリーンえっせんす」では、学校林を活用した環境学習の実施事例や、その他学校における緑化の取り組み、学校緑化への企業協力などを特集記事とする予定としています。
関連して、国土緑化推進機構による助成事業を受け、地域、そして生徒達にとっての学校林のあり方について考究し、環境学習を具体化されてきた佐倉東中学校を取材して参りました。その事例をたっぷりとご紹介できると思います。




2017年2月9日木曜日

㈱ローソン協力による学校の緑化事業(旭市立飯岡小)

㈱ローソンのご協力により、国土緑化推進機構を通じて全国で約60校が実施する28年度学校環境緑化モデル事業。
当県では旭市立飯岡小学校が希望され、ハマヒサカキの生垣植樹を実施しました。

写真は29年2月8日(水)に行われた、完成記念植樹の模様です。植樹した場所は、「校庭へ出る際にみなさんが使う通路沿いなので、いつも見守って欲しい」と校長先生からメッセージ。樹種も風や潮に強いことから、ハマヒサカキを選んだと説明がありました。